カフェのような家に住みたい人へ

プロヴァンス風なマイホームもいい

 

狭めな土地に今、密かに好まれている一戸建て住宅のデザインといえば、

プロヴァンス風だったりするのですよね。南フランス地方にあるような

明るい色合いが特徴で、そして四角い可愛らしい形のデザインの住宅です。

 

いわゆる「カフェ風な住宅」とでもいいましょうか。

女の子が好みそうなカフェにあるようなインテリアデザインに仕上がる

住宅が多いことも特徴でしょうか。

 

このプロヴァンス風の住宅の何がここまで支持されているのかといいますと、

「狭めな敷地でもそれなりに可愛らしい住宅に仕上がる」というところです。

ぶっちゃけな表現で伝えていますけれど、要はここが人気の秘密だったり

するのですよね。

 

都市部になりますと、家を建てられる土地は限られていますので、

広々とした家にしたくても無理があるというものです。

そこで狭い土地でもおしゃれで可愛いデザインになる南仏風な

住宅デザインも密かに支持を集めているのです。

 

ですから、マイホームの敷地が狭いという人は、

プロヴァンス風なデザインも検討してみるといいでしょう。

特に女性にはとても評判がいい住宅デザインなのですよね。

 

派手な壁紙のマイホームでもしっくりなじむ?

 

イギリスの家にあるような「派手な壁紙の住宅」は日本ですと

敬遠されがちでしょうか。

しかし、実際にちょっと派手めな色使いの壁紙にしてみると、

意外と馴染んでいたりするのですよね。

 

それに例えば、トイレ空間だけとか、一戸建て住宅の部屋の中でも

一室だけといったように、部分的に派手な壁紙の部屋を採用しても

いいでしょう。

 

ただし、客間が派手な色使いの壁紙だったりしますと、

その壁紙の色に慣れる前に去っていくわけですから、

それはやめておいた方がいいでしょう。

 

「それならばトイレ空間も派手な壁紙はやめておいた方がいいのでは?」と、思う人もいるでしょうか。しかしトイレ空間だからこそ、しっくり馴染むという声もあるうのです。

 

それに、カタログで見ている時は、「ええー、この派手な壁紙はないでしょ」

などと思っていましても、実際に壁に貼られますと、

意外としっくりと馴染むのはよくあることだったりするのです。

 

ですから気分を変える意味合いでも、派手な壁紙の選択は「ない」話では

ないと言えるでしょう。

ちょっとした気分転換、それにちょっとした個性を出したい時にも

個性的な壁紙はオススメだったりしますので。
英語上達の秘訣
お家の見直ししま専科
貯蓄
生命保険の口コミ.COM
童話
工務店向け集客ノウハウ
お小遣いNET
生命保険の選び方
マッサージのリアル口コミ.com
家計見直しクラブ